資源をもたない中小企業者はライバルと同じ土俵で戦うのではなく自分の事業の特色を打ち出しましょう

みなさん。こんにちは。now3のアドレスでブログを更新している大東市の税理士・社労士の今西 学です。

私は、小さいときは、すごく負けん気の強い性格でした。今でもそういう気持ちはきっと心の中に潜んでいると思います。でも、最近、性格が変わってきたのか、意識的に変えてきたのか、負けると悔しいという気持ちを持たずに暮らしています。

“資源をもたない中小企業者はライバルと同じ土俵で戦うのではなく自分の事業の特色を打ち出しましょう” の続きを読む

新書「歯はみがいてはいけない」を読み返して

みなさん。こんにちは。now3のアドレスでブログを更新している大東市の税理士・社労士の今西 学です。

昨日、歯科検診に行った記事を書かせていただきましたが、それがきっかけで昨年購入・読書した歯について書かれた新書「歯はみがいてはいけない」(竹屋町森歯科クリニック院長 森 昭氏著)を見返しました。


昨年、結構売れた新書であるので、読まれた方もおられると思いますが、本日は、そのポイントについて私なりに振り返ってみたいと思いますが、一言で言うと、唾液が口の中の健康に役立っているのだから、それを出来るだけ活用しようというものです。

“新書「歯はみがいてはいけない」を読み返して” の続きを読む

歯医者の定期健診にて歯磨きの取り組みと生活習慣をダブルで反省

みなさん。こんにちは。now3のアドレスでブログを更新している大東市の税理士・社労士の今西 学です。

先日、2~3ヶ月ごとにいく、歯医者さんの定期健診にいってきました。虫歯は出来ていなかったのですが、あまりきれいに磨けていなかったみたいで、歯科衛生士の方からいろいろと指導され、磨き方及び生活習慣について反省しました。

磨き方の反省については、個人的な癖の話になってしまうかもしれないですが、みなさんにとっても多少はお役に立てることもあるかもしれないでので、今後改善しようと決意した面も含めて述べていきたいと思います。

“歯医者の定期健診にて歯磨きの取り組みと生活習慣をダブルで反省” の続きを読む

起業しても性格は変化できない?でも変化したこと。

みなさん。こんにちは。now3のアドレスでブログを更新している大東市の税理士・社労士の今西 学です。
本日は、人間の性格のお話です。人間の考え方は年齢や置かれた環境により、変わる部分はあると思います。

だが性格は、ある程度大人になったら、本質的には変わらないと思っていました。起業しても変わらない自分がいるような気がしていたのですが、ふと考えると起業して変わった部分があることに気づきました。私だけでなく、起業する人は、変わらざるをえない、あるいは自然と変わるものなのかもしれません。

“起業しても性格は変化できない?でも変化したこと。” の続きを読む

私自身の個人型確定拠出年金401Kの歩みと考え方(その2)

みなさん。こんにちは。now3のアドレスでブログを更新している大東市の税理士・社労士の今西 学です。
前回のブログで、私自身の401Kの過去の経緯とそのときどのように考えて投資していたかをお知らせしました。
今回のブログでは、現在どのような考え方で、401Kの投資商品を選び、投資しているのかをお伝えしたいと思います。

“私自身の個人型確定拠出年金401Kの歩みと考え方(その2)” の続きを読む

私自身の個人型確定拠出年金401Kの関わりと考え方(その1)

みなさん。こんにちは。now3のアドレスでブログを更新している大東市の税理士・社労士の今西 学です。

先日のブログで、401Kの概要と税制面についてご紹介いたしました。では、私自身は401Kとどう関わり、どのように考えて投資・運用してきたのか、参考までにお伝えしたいと思います。

1.独立開業前の投資

記録を調べてみると、私は、約10年前の2008年2月15日から401Kの投資をはじめています。証券会社は、SBI証券です。

今でこそ、楽天証券やりそな銀行、野村證券なども個人型確定拠出年金に力を入れていますが、当時は手数料を考えると、実質的にはスルガ銀行かSBI証券の選択肢しかなかった記憶があります。

10年前は、まだ会計事務所の職員として、勤めていました。会計事務所は個人事務所なので、社会保険加入義務がなく、自分で国民健康保険(近畿税理士国民健康保険組合)と国民年金に加入していました。よって、401Kへは毎月上限7万円掛けることが出来るのですが、給料が額面で25万円程度であったので、ぎりぎり毎月3万円、そして途中から1万円に変更し、掛けていたと思います。この間の期間は、3年余りで、記録をみると合計69万円掛金を掛けていました。

401Kは、自営業の方以外でも、個人事業主の元に勤めており、厚生年金の強制適用事業所でない事業所にお勤めの場合は、満額の7万円掛けることが出来る場合があるのです。

2.どのように投資していたか(独立開業前)

この当時は、竹川美奈子さんの「投資信託にだまされるな!本当に正しい投信の使い方」という書籍を参考にして投資していました。

この書籍で学んだことの一つは、投資信託の信託報酬が高いアクティブ型の投資信託ではなく、インデックス型の投資信託を使って、運用して資金を増やしましょう、そして401Kが使える人は、401Kで購入した方が税金面で得になるということです。(インデックス型投資信託とは、日本株なら日経平均やTOPIX、アメリカ株ならニューヨークダウに連動する投資信託で、機械的に投資するので、報酬が安いのが特徴です。)

この考え方は、正しいかどうかは別として、今では一般的な一つの考え方であるでしょうが、当時の私にとっては新鮮な考え方でした。

といっても、SBI証券の運用商品は、現在では66本あり、その中から選ぶことになるのですが、当時は20本もなく(確か15本程度だったと記憶しています。)元本確保型商品以外は、インデックス型投資信託が多かった気がします。

よって401Kでの投資を選んだら、自然とインデックス型投資信託になっていたと思います。(現在は、運用者の意図・能力を反映させるアクティブ投信も平成29年5月末時点で24本、SBI証券にはあります。選択肢は増えましたね。でも投資の経験が少ない人はこれだけ多いと少し迷ってしますかも・・・)

もう一つの考え方は、投資対象を「日本株の投資信託」「海外株式の投資信託」「日本国内債券の投資信託」「海外債券の投資信託」の4つに分け、それぞれに機械的にほぼ同額を投資していきましょうという考え方でした。そして、プラスアルファとして、出来れば一定期間ごとに運用成果を見直し、4つの中で値上がりしたものがあれば、少し売却して、値下がりしてるものを少し購入し、4つの投資対象があまり偏らないようにしましょうというリバランスの勧めでした。

実際には、私自身の401Kの投資ではリバランスまではしておらず、また4つのうち、債券投資に少し重点を置いて投資していたので、機械的に1/4ずつ投資していたわけではありません。しかし、この書籍にかなり影響を受けて401Kの投資を行っていました。

当時は、日経平均は、1万円程度でしたので、、ニューヨークダウも9,000ドルあたりで、当時は日米とも株式市況はあまり活況ではなかった記憶があり、投資してもなかなか上がらず、手数料負担もあり、運用としては損をしているような感じでした。

ただ、現時点では日経平均もニューヨークダウもほぼ倍になっていますので、当時の運用で利益が出ています。(しかし実際に日本株と外国株に投資したのは、10万円ずつぐらいだったし、手数料も引かれているので、利益は金額にしたらそれほどでもありません。)

3.国民年金免除申請と401Kの強制停止・その後の再開

税理士として独立開業と同時に、お客様ゼロからのスタートだったこともあり、国民年金の全額免除の申請をし、認められたことから、国民年金の保険料は支払をしないことにしました。

そんな中、401Kは老後資金のため、月1万円程度なら毎月掛け続けてもいいかと思っていたのですが、国民年金の全額免除を受けると自然と401Kの掛金は止まってしまうのです。手続きをしていないのに、停止の通知がやってきました。

特に私は、独立開業時の赤字が大きく、2年目、3年目は少しずつ所得はあがるようになっていたのですが、1年目の赤字と相殺することにより結果的にほとんど所得が発生しなかったことから、3年ほど国民年金の全額免除を受けていました。よって、401Kもその間自動的に停止ということになっていました。

一時、手元のお金が欲しいと思い、401Kを解約(脱退)し、脱退一時金をもらおうかと思ったときもあるのですが、無理でした。

それは個人型の401Kについては、掛金を3年以上掛けていて、かつ残高が50万円以上有している場合は、脱退出来ず、一時金として解約することが出来ないことを知りました。恥ずかしながら、調べるまで知らず、解約(脱退)できると思っていたので、ショックを受けた記憶があります。(脱退一時金をもらえるかの判定はこちらより)

なお、国民年金は、その後の2年間で、約3年間の免除分を追納というかたちで、免除分を納付しました。現在は、勉強になると思って先日のブログでも記載しましたが、2年前払などに挑戦したりもしています。

4.再開後の運用に対する考え方の変化

4年ほど前から国民年金も払いはじめ、401Kにも再び加入できるようになり、ここ3年ほど、毎月35,000円掛金を掛け続けています。(本当は老後資金の積立のため上限7万円まで掛けたいのですが、事業上の手元資金も大事なので、上記額に抑えています。)

ここ3年間、401Kに投資する商品への考え方は、税理士事務所職員時代とは変わりました。

現在は、外国株式の投資信託に毎月の投資額35,000円全額を投資しています。
機械的に1/4ずつ投資する考え方を変え、外国株式に絞ったのは、山﨑元氏著作の「全面改訂 超簡単 お金の運用術」を読んでからです。

恥ずかしながら、勉強になった上記本も今、調べたら手元からもうなくなっているのですが、現在も、手元にある昨年出版の山﨑元氏と岩城みずほ氏との共著「そこ、ハッキリ答えてください! 「お金」の考え方 このままでいいのか心配です。」などを見返しながら、どのように外国株式投資にいきついたのか、お伝えしたいのですが・・・。

申し訳ありません。次回以降に、続きを述べさせていただきます。

(追伸)
401Kについて、書籍も何冊か出版されている、私の尊敬する吉澤税理士の平成29年5月31日付けのブログで、401Kに積み立てた額を60歳以降にもらう際の税制等について、わかりやすく解説されています。(こちらより)また参考にしてみて下さい。

「働き方改革」の内容について調べてみました。

みなさん。こんにちは。now3のアドレスでブログを更新している大東市の税理士・社労士の今西 学です。

週刊ダイヤモンドの5月22日発売の特集は「人事部vs労基署」というテーマで、その中に現在政府が進めている「働き方改革」についても記載されていました。


少し自分でも調べてみようと思って、首相官邸のサイトに記載されている平成29年3月28日に決定された「働き方実行計画概要」から、その決定された柱だけを抜き出してみました。なお、3~10の柱については、上記週刊ダイヤモンドの特集記事から該当する部分を引用いたしました。

“「働き方改革」の内容について調べてみました。” の続きを読む

仕事の友としてシャープの空気清浄機をフル回転させています。

みなさん。こんにちは。now3のアドレスでブログを更新している大東市の税理士・社労士の今西 学です。

私は、小さいときに小児ぜんそくを持ち苦しんだこともあり、生まれてから一度もタバコは吸ったことがありません。また、今のところ花粉症の症状もでていないので、あまり空気の換気やクリーンさに強いこだわりを持っているわけではありません。

ただ、現在では、数年前に購入したシャープの空気清浄機をフル回転させるようになっています。

“仕事の友としてシャープの空気清浄機をフル回転させています。” の続きを読む

個人型401K(確定拠出年金)の概要と節税になる仕組み

みなさん。こんにちは。now3のアドレスでブログを更新している大東市の税理士・社労士の今西 学です。

先日、顧問先のお客様にも聞かれたのですが、制度改正があったこともあり、個人型401Kが今、脚光を浴びています。今回のブログでは、その概要と節税の仕組みについて、少しまとめてみました。

“個人型401K(確定拠出年金)の概要と節税になる仕組み” の続きを読む

ヨガでも使う横隔膜を意識した腹式呼吸

みなさん。こんにちは。now3のアドレスでブログを更新している大東市の税理士・社労士の今西 学です。

本日は、森本貴義氏×大貫崇氏著作「勝者の呼吸法」を読んで、習得し、ヨガやトレーニングの時に実践している腹式呼吸法をご紹介したいと思います。

呼吸法の本はいくつか出ていますが、この本を読んだことがきっかけで、やっと腹式呼吸の方法を自分なりに体得できた気がしています。

“ヨガでも使う横隔膜を意識した腹式呼吸” の続きを読む